NLPトレーナー 芝 健太の「Blog Life Strategy」| NLP

メイン

男の理想ー男のたわ言シリーズ 「宇多田ヒカル」




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。

こんにちは!




過去にこんなこと書きました。

●「 男はどんな女に惹かれるか?

●「 ねずみと男とセックスの関係

※不真面目なことばかり書いてるわけではありません。。。


今回は、
アジエンス(シャンプー)の宣伝で流れる宇多田ヒカルさんの曲、「Stay Gold」より。。。


『 大好きだから〜、ずーっと〜、なんにも心配いらないわ〜 』

『 悲しいことは この先にもいっぱいあるわ〜。  傷つくことも大事だから〜 』

『 ねぇ、ダーリン 大好きだから〜 』


男が聞くと、この曲はたまりませんねー。^^
初めてこの曲を聞いたとき、宇多田ヒカルさんは、「男心」をよーくわかってるなーと思わず関心してしまった。


そう、先日社内でこの曲を聞いて、うちの女性スタッフに
「こんなことを言える女にならんといかんなー。こんなこと言える女は、なかなかいないんだよなー。」と言うと、、、

「こんなことを言わせてくれる男がいない」と即答。(汗)
逆襲をくらってしまった。ははは。こう言われると辛い。。。でも、なるほど納得。。。


ま、それにしても、こういうことを言える女性は、モテること間違いない。
男はこんな女性に惹かれるんだよなー。。。



芝健太



投稿者 shiba : 6:27 PM | コメント (0)

男はどんな女に惹かれるか?




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。

こんにちは!




映画、『 べオウルフ 〜呪われた勇者〜 』を観た。

small_1196519043.jpg


この映画は、
欲望、復讐、後悔、破滅を英雄べオウルフを交えて描く、大人だからこそ観て深く理解できる叙事詩だ。


この映画を観た人の感想の多くは、CGがイマイチだとか、物語的(内容)に精度をあげてもっと惹きつけて欲しかったなどというコメントが多いようだが、私の場合そんなことはどうでもよくて、この叙事詩が言わんとしている本質が何であるかということ。

歴史的に長く言い伝えられているもの(物語・叙事詩・伝説など)には、
教訓的な素晴らしいメッセージが隠されている。

NLPやセラピー的に言うと、メタファーってやつだ。


映画を観てまず思ったのは、男が惹かれる(惚れる)女は時代や地域を問わず世界共通なんだということがよく分かる。

頭のいい(勘のいい)女性がこの映画を観ていたら、
男を操る術が何なのかにスグに気づいたことだろう。。。


そこで、今回のタイトル『 男がどんな女に惹かれるか? 』。

その共通点とは、至ってシンプル。
美貌があって、自分を成功に導いてくれる女。。。

この↑内容に、日本中、いや世界中の男性陣が心の中で『YES!』と大きな声で叫んでくれているだろうと確信する。

シーンの中でアンジェリーナ・ジョリーが
『私を抱いて。そうすれば、あなたを偉大な王にしてやる』というセリフがある。

そして、英雄べオウルフはその誘惑に負けてしまう。
英雄も、美貌と「成功させてやる」、この言葉にはやられてしまった。

節操ないと言われるかもしれないが、
この2つの条件があって、相手はアンジェリーナ・ジョリー。
拒絶できる男はいないんじゃないかな。。。はは(笑)

『べオウルフ』−古くから伝わる叙事詩だけあって、本質を突いていた。


時代が変わった現在も本質は変わらない。男は弱くて、意気地なし。自分になかなか自信がもてない。そのくせプライドが高く、自尊心を高めてもらわないと生きていけない動物だ。(このことにも、素直に本音が語れる大人の男性なら大きくうなずいてくれるだろうと思う)

カッコつけたことを言っていても、男は本質的に自信を高めてくれる女性が好き。


男が求める理想の女性像とは、、、

自分をもっていて、自分磨きを怠らない(内面を磨いている人は、外見(美貌)も美しい)、それでいて弱くてもろい自分に自信をつけさせてくれる、、そんな女性を男は求めている。

これは時代を問わず、共通の真理だと思う。
そして成功してる女性って(家庭や男性でも)、こういうことを心得ていて男の操縦が上手いんだよな。。。


そこで女性陣にお願い。
私たち男って、自分に自信がなくって結構困っています。(涙)←これホント

「あなたなら出来るわ、がんばって」

男はいたって単純、
女性からのこの一言で、パワー100倍。死ぬ気でがんばれるもの。


そしてこの一言で、どれだけ多くの男女間の問題が解決できることか。。。

またいろんな女性から
「芝さん男にとって都合のいいことばかり言ってー」、なんて言われそうですが、これって本当に大事なことです。

こういた男の操縦方法を知らずに男や家庭に恵まれず損をしている人って意外に多い。こういったことに関しては、相当話が長くなるので、また機会を作って書きたいと思う。



そしてもう一つの教訓、、、

ひと昔前、
「私は、これ(女)で会社を辞めました」という禁煙の宣伝があった。

べオウルフは、手を出してはいけない相手に手を出してしまい、その後モロモロあって、身の破滅に至ってしまった。

ここにもいろんな教訓があるわけで。。。
あー怖い、怖い(汗)。。


記事も長くなってしまったので、
ここでまとめに入るとしますかね。

1年ほど前の記事にも書きましたが、昔の人はうまく言ったものです。

「男の出世は女しだい、女の幸せ男しだい。」

女に自信をつけてもらい男は成功していく。
それに応えて男は女を幸せにしていく。


『べオウルフ』
時代が変わろうとも、本質は変わらない。

大人だからこそわかる普遍の真理を教えてくれるいい映画だと思った。



芝健太



投稿者 shiba : 1:27 PM | コメント (0)

仕事 男と女 愛 セックス 人生 

昨日は、クライアントでもあるライジングスタイルの浅岡社長と会食。

浅岡さんは、あるスクールビジネスで成功している起業家で、ビジネスセンスは、それはもう抜群。何をやっても成功する典型的なタイプ。

浅岡さんは会社員だっときに、ある事業部門の売り上げを2,3年のうちに数十億にして、その後、起業した人物。私とパターンが似ている。

私よりも1つ若いが、経験や知識、洞察の深さ、人間味など、すべてに関してずい分うわ手。この年になると年齢なんて関係ないと、つくづく思う。


今回タイトルであげた

『仕事 男と女 愛 セックス 人生』

これらにあとプラスするなら、自分も含む『人の心理』というのも入れた方がいいな。


表向きに語りやすいテーマから、そうでないものまで様々あるけれど、人生の充実、または、いろんな場面での課題や問題という点では、どれもとても重要なテーマだと思う。(もちろん、人によってはまったく焦点があたらないもの(興味・関心がないもの)もあるだろうけど。。)

不思議なもので、
年を重ねるごと、ステージが変わるたび、それぞれに対する想いや考えが変わる。

どれを取り上げても、5年前とはまったく想いや考えが違うので自分でも驚く。

実際は、想いや考えが変わったというよりも、未知のゾーンに突入することで、以前とでは見たり、経験したりすることが変わってきたゆえに感じ方が変わってきているのだろうと思う。

昨日はサシだったこともあり、2人でいろいろと語りあう。
深い話ができる機会は本当に貴重で、新しい発見や自分の頭の整理につながる。単なる飲みが、意味ある学びの場に変わる。

どこに行ってもそう。
そこに誰がいるか、どんなテーマが出るかによって、深さが変わってくる。これはいつも本当に不思議に思う。


成長の段階ごとに学ばなければいけないことがあるというが、
生きてる限り、これらは延々と続いていくのだろう。

時間が過ぎ、さらに視野が広がれば、また違う世界が見えてくるに違いない。

浅岡社長ありがとうございました。(ブログで御礼)
楽しい、いい時間でした。(^^)v



芝健太



投稿者 shiba : 1:38 PM | コメント (0)

ねずみと男とセックスの関係 2




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。

こんにちは!




コメント、ならびに、直メールありがとうございました!


『男の言い訳に過ぎない』

『嫌だ』

という意見もあれば、


『仕方が無いので、諦める』 や

『そもそも結婚制度に問題がある。ねずみが正しい。』など

いろんな意見があって、面白いなあと感じています。

もっとも面白いと感じたのは、コメントやメールをくださったのは、ほとんどが女性だということです。男性はコメントするというより、言い訳にこのネタを使おうとしてるんですかね。ははは。



また、『ハァーなるほど!』と思ったのは、

『男に生まれたら遊びたい、だけど今は女だから遊ばれたくない』という内容。ちょっとウケてしまいました。しかし、いろんな意見がありますね。


結婚を含む、友好な男女関係を持つということは、人生を豊かにする上で大事なポイントですから、いろんな角度で今後もこの手のテーマを扱っていこうと考えています。


そうそう、
先日のあるテレビ番組で、『女性が欲しいと思う遺伝子ランキング』というのがありました。

確か1万人くらいの調査だったと思うのですが、順位は

1位 イチロー
2位 中田英寿
3位 福山雅治   でした。


共通点を探すとすると、

・身体能力が高い
・お金持ち
・男前


この3つくらいでしょうか。
しかし、ハードルの高い共通点ですね。ははは(苦笑)


私たち男性は、上記3つを持ち合わせていないと女性から選んでももらえないということになりますので、冷静に考えるとかなり厳しい条件です。

こうしてみると、
原始人の時代から、現代に至るまで、モテる男の条件は、基本的に変わっていないようです。

男性の皆さん、ねずみの習性を元に言い訳を考えている場合ではなさそうです。まずは、自分を磨いて女性に選ばれるような存在にならないといけないですね。

では、また!



芝健太



投稿者 shiba : 6:02 PM | コメント (2)

ねずみと男とセックスの関係 1




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。

こんにちは!




いや〜しかし、男って困ったヤツです。

男でいることがちょっと、はずかすぃ〜。。。



私がどうしてこう思ったか、聞いてもらえますか?


以前にテレビで、ネズミを使ったある実験が行われていたんですね。

どんな実験だったかと申しますと、飼育箱の中で、オス1匹、メス1匹を飼育して24時間観察しようというもの。


で、どうなったかというと、
『ネズミ算』や『ねずみ講』と言われるように、オスねずみ君は、かなり積極的にガンバるわけです。

メスのねずみに『おりゃー』って飛びつくんです。それも恐ろしい勢いで。ははは。


で、それが延々続くかというと、そうでもないんですね。
驚いたことに1日も経つと、くらいつくということがなくなってしまいます。

『さすがのねずみも、連続は無理なんだ』と誰しもが思いました。


しかし、、、


実験のため、スタッフが相手を入れ替えたんですね。するとまたオスのねずみ君は、『おりゃー』と飛びついていったわけです。

子供たちが見る、動物系テレビ番組のあるコーナーだったのですが、『これは子供の教育にいいのか?』と思いながら、人間心理研究家の私としては興味津々で見ていました。


そして、実験するスタッフは、これを何度も繰り返しました。

結局、オスねずみ君は、相手が替われば、性欲は衰えず、延々、ガンバリ続けたのでした。。。ス、スゴイ。。。


このねずみの性欲に驚いた私でしたが、実は、これは人間にも当てはまるようなんです。心理学の世界では有名ですが、 『クーリッジ効果』 と呼ばれるものがあります。

ねずみと同じで人間(哺乳類系の動物すべて)にも同じことが言えるらしいのです。習性って怖い。嫌ですね〜。


しかし、ねずみも人間の男も節操が無いというか、仕方が無いですね。不潔。ホントひどい、困ったヤツです。こんな最悪な習性を持つ男どもをこのブログ読者の女性陣は、どう手なずけますか?どう扱いますか?

コメントするときは、匿名で結構ですから、何かご意見があれば、ぜひください。



芝健太



投稿者 shiba : 3:47 PM | コメント (1)

男と女の場合

人相シリーズも今回で、第三弾に入りました。

今日は、『男と女』に焦点を当てていきたいと思います。


これまでのシリーズはこちら

第一弾 ⇒ http://www.shibakenta.net/001351.html

第二弾 ⇒ http://www.shibakenta.net/001354.html




準備はいいですか?


では、いってみましょう。

付き合う男性しだいで、女性がハッピーになれるかどうかが変わってきますし、その反対も同じです。付き合う女性しだいで、男性がどうなるかにも大きな影響が出ることが多いです。


例えば分かりやすいある有名人の話からご説明しましょう。

ここでは名前は出しませんが、ある有名な人気のある芸能人の方がいらっしゃいます。(もちろん今も実在する人物)

芸能人の人気ランキングでは、常にトップに立っていた人です。


その人があるときドラマで知り合った女優さんと結婚しました。もちろんワイドショーにも取り上げられ、当時は、相当な話題でした。

しかし、いっけん、順風満帆に見えた結婚でしたが、なぜかその後、その人の人気は急激に下降していきました。その人気の急落ぶりに、ファンだった私も驚きをかくせませんでした。

そして、その後、週刊誌などで 『〇〇は、そのうち消えていく』 とまで書かれるしまつ。


で、どうなったか?

その後、夫婦は離婚。



で、更にどうなったか?

驚くことに、離婚後まもなく彼の人気は元に戻り、人気ランキングのまたトップに返り咲いたのでした。。。




この話。
単なる偶然と思えば、単なる偶然なのかもしれません。

しかし、次の例を聞いていただければ、単なる偶然では片付けられないとお感じになる方も多いことでしょう。


では、続きの話をしていきましょう。
少しインパクトがありますから、心して聞いてくださいね。


その女優さんは、2度目の結婚だったのですが、前のご主人は、実は病気でお亡くなりになっているのでした。


さ、あなたは、このケースをどう見ますか?
この話を知ったとき、私は単なる偶然ではないなと思いました。


今回は、分かりやすくするためにある有名人を例に挙げましたが、私の知人にもある男性とお付き合いしたことによって、状況が悪化した女性を知っていますし、優秀だった人が結婚を境に、どんどん落ちぶれていくのを目の当たりにしたことが何度かあります。


では、これらと反対のケースを見てみましょう。


ほとんど無名だった俳優さんがある人との結婚を境にどんどん有名になっていきました。このケースも先ほどの有名人と同じでワイドショーでずいぶん騒がれました。その後、ドラマや映画の出演が増え、人気が急上昇。

また別のケースでは、ほぼ無名だったダンサーがある歌手と結婚。テレビで常連となるタレントさんにあっという間になっていきました。このようなケースもよくある話ですね。

今、NHKでやっていますが、『功名が辻』も同じような感じです。これは、女性が男性をサポートして成功していくケース。

また、先日あるテレビ番組で、有名なカリスマ女性経営者が出ていましたが、ご主人の存在が非常に大きいと話されていました。これは男性によって女性が引き上げられたケースになりますね。


私の周りでも同じです。
結婚や付き合いがきっかけで、いいコラボレーションが起こり、素晴らしい状況が次々と実現していくケースなど、たくさん見てきました



大事なポイントですから、まとめましょう。

ビジネスでも恋愛や結婚でも、付き合う人によって、引き出される可能性や能力というものは、ずいぶん大きな違いがでます。

よく『ツキのある人、運のいい人と付き合え』と言われますが、経験上、これは本当にその通りです。

しかし、選ぶパートナーが『ツキや運がいい人』なら安心かというと、そうでもありません。パートナーのツキを奪って、自分のツキに変えていく人も中にはいるからです


ですから、付き合う相手をしっかりと見極めることがとても重要だと私は思っています。そこで、このブログでも何度か書いている『人相見』になるということが一つ大事なポイントとなってくるわけです。


一番は、いいコラボレーションが起こるようなパートナーを見つけること。(ははは。当たり前すぎますね。)

これを実現するためには、まずは人を見る目を持つ。そして重要なのが、いいパートナーに選ばれるような自分になっていないといけないということです。つまり『類は友を呼ぶ』ですから、まずは自分がそれなりの存在になっておく必要がありますね。『自分自身をまず磨け』というやつです。

逆に避けなければいけないのが、自分の可能性や能力の発揮を奪ってしまうような人とパートナーシップを結ばないということです。これも当たり前ですが、分かっていれば失敗する人は出て来ない訳で・・・。なんとも難しいところです。


今日もついつい長くなってしまいました。このあたりで終わりにします。またいつか時間があるときに、ビジネスでも男女の関係でもパートナーシップを結ぶときの重要なポイントをお話したいと思います。人生に大きな影響を及ぼす大事なことですからね。


それまでに、私も男を磨いておきます。

男性読者の皆さんは、磨きをかけて、よりイイ男に!
女性読者の皆さんは、磨きをかけて、よりイイ女に!


では、また!



芝健太



投稿者 shiba : 12:36 PM | コメント (3)

EO

経営人ブログ

April 2017
sun mon tue wed thu fri sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30