NLPトレーナー 芝 健太の「Blog Life Strategy」| NLP

« LABプロファイル プラクティショナー終了しました。お疲れ様でした!| メイン | 1日1冊本が読めるようになる フォトリーディング集中講座! »

思考の力を集中させる




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。

こんにちは!




さて、今日は昨日ツイッターでもつぶやいた
ことに関してご紹介していきます。

※今日のメルマガでもご紹介した記事です。

※私のツイッターです
http://twitter.com/#!/shibakenta004

今日は、

『思考をどこに集中させるか』

について書きたいと思います。

まずは、今回のテーマ。

方程式とでも表現しましょうか。
2つあります。

方程式1(shibakenta004 ツイッターより)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
腐ったり、やる気がなくなる状況が続いても、誰も損はしない。
ただ言えることは最終的に腐ったりやる気がない状況を続けた自分が
一番損をするということ。どこかのタイミングできっかけをつかんで
前進していかなければいけない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


方程式2(shibakenta004 ツイッターより)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ついついやりがちなのが、問題や不満にばかり意識を向け続けてしまうこと。
実はそこに集中してもいいことはまず起こらない。振り返って考えても
いいことが起こったことが一度もない。

逆に望む結果やゴールに意識を向けて悪いことが起こったことは一度も無い。
今の自分がどこに焦点をあてているかが最も大事。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 営業職ではない方も問題や障害にぶつかったとき、悩み事を抱えたときに
 自分だったら、どうするのか・・・

 ぜひ、自分自身に当てはめて読んでみてくださいね。

※下記の話は、会社員のとき私が営業職についていたころの話です。


ちょうど14年前の6月
私は人生の中で最も苦しんでいました。


当時、会社員だった私は
理不尽な体制の組織と理不尽な上司の下で長く仕事をし
悩み苦しんでいました。


会社を辞めるか
我慢し続けるのか、、、


毎日こんなことしか考えていませんでした。


営業の仕事をしていた私は、
いつからか自分の目指している仕事の目標ではなく、


嫌な組織や体制、そして理不尽なことを言ってくる上司のことばかり
1日中考えるようになっていました。

●『どうしてこんなに努力が報われない理不尽な組織なんだろう』

●『どうしてこんな理不尽な人が上司として君臨し続けるんだろう・・・』


こんなことばかり1日中考えている私の営業成績は落ちていく一方でした。


そうして成績が悪化していくと


朝起きた直後から

『どうやって悪い成績のいい訳をしようか・・・』こんなことばかり考え仕事に向かう日々が続きました。

するとどうでしょう。

眠れない、成績は下がり続ける、成績が下がった自分の周りには
いつしか人がいなくなりました。


事態は更に悪化するばかり、それまでは、成績がよく
営業の手法を教えてほしいと、私の周りには人がたくさん寄ってくる。
そんな状況だったにもかかわらずです。。。


そこで方程式1のこと。

腐ったり、やる気がなくなる状況が続いても、
上司も同僚も部下も誰も困りも損もしませんでした。


自分は苦しくなる一方なのに
会社、そして世の中は、何事もなく動き続けました。
腐ったりやる気がない状況を続けた結果、どうなったのか。

最終的には自分が一番損をすることになっていました。
いいことなんて何一つありませんでした。

そして、方程式2。

問題や理不尽なことに焦点をあて続けた結果、
いい発想やアイデアは、ほぼ出なくなりました。

1日中ネガティブ思考で満ちていました。

朝起きたときから、寝る時まで。
そして、寝ている間もです。。。


するとどうでしょう。


負のオーラでも出ていたのでしょうか。
人は周りから去っていきました。

あらゆることから見放されたようになってしまった私は
最後の最後に

『1ヶ月間だけ、ずっと忘れてしまっていた、目標のことだけを考えて
 仕事をしよう』と決意しました。


『それでだめなら会社を辞めよう。
マイナスなこと、不満や理不尽なことに目を向けるのは一切やめよう』と
決意し1ヶ月を過ごしました。


すると驚くことが起こりました。

『あの人はもう辞めるだろう』と噂されていた状況から一変。
7月は社内で1位の成績。


その後、年末まで毎月1位か2位で走り続け
営業職に就いていた時で最も優れた成績を残せた年になったのでした。

マイナスに意識を向け続けて地獄を見た上半期。
目指しているものにだけ意識を向け続けた最高の下半期。


私は1年の中で地獄と天国を味わいました。

私はこの経験から、
マイナスの出来事に意識が向いているときには
プラスは何も生まれないことを身をもって体験しました。


そして、自分が目指すもの、欲しいものに意識を
向けたときの結果の違いを目の当たりにしました。

人生はいいこともあり、
辛いこともある。


時にはトラウマになるような辛く悲しいこともあるでしょう。

NLP的に、そして心理学的に、それから経験上からも言えることは、
その辛く苦しいマイナスに思考の焦点をあて続け、

そのことをずーっと考え続けていても、
いいことは何一つ起こらないと言うこと。

状況を変えたいのであれば、
マイナスではなく、目指すこと、望ましい状態に意識を向けること。

地獄のように感じた最悪の日々が教えてくれた、
人生で最も役に立っている私の教訓です。


辛く苦しい経験には隠された、優れた学びがあります。


あなたは、今日、何に意識をフォーカスしますか?


NLPのクラスの中でも
思考の使い方の学びが出てきますが、


何に意識を向けると
より良い状況になるでしょうか?


今日もいい1日にしていきましょう。



芝健太



投稿者 shiba : June 24, 2011 6:33 AM

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shibakenta.net/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする

EO

経営人ブログ

July 2018
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31