NLPトレーナー 芝 健太の「Blog Life Strategy」| NLP

« 当選者発表!| メイン | お台場にきています。 »

きこりの話




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。

こんにちは!




超がつくほど、久しぶりの更新となりましたね。ははは。(苦笑)

何人もの方から、『いい加減に更新しませんか』など、脅しにも似た励ましの言葉をいただきながらも、なかなか書くことができない状況だったんですね〜。。。


先日、年商2500億円の売り上げを達成している会社の営業の方々、それもその中でもトップ1%のエグゼクティブ向けにNLPのトレーニングを行ってきました。

私も元営業でしたから、なんだか同士と再会したような気持ちでトレーニングを行わせていただきました。


驚いたことは、皆さん多忙を極めているため、
自分を磨く自己投資の時間があまり取れていないということ。

せっかく超優秀なメンバーなのに勿体なく思いました。

例えば、営業であれば、セールスや交渉術の本を読んだり、私のように心理学を勉強したり、マーケティングの勉強したりと、役に立つ情報はたくさんあるんですけどね。

宮里藍ちゃんが年間約300冊の書籍を読んで自己研鑽に余念が無いということをお話したら、皆さん驚かれていました。


よく収入の数%を自己投資に回せとか、1日30分でも読書の時間に回せと言われますが、ブログ読者の皆さんは、どれだけの時間や費用を自分を磨くため(レベルアップのため)に使ってますか?


私が営業部門を統括していたころ、よくスタッフに話していたことをご紹介したいと思います。

例えば、あなたが『きこり』だったとしてください。
木を切り倒すことが仕事ですから、何百本もの木を切るわけですが、

さて、そこで質問です。

あなたがきこりだったとしたら、ノコギリをよく研いでから木を切り倒しますか?

それとも、そんな面倒なことはやらず、時間がかかったとしても、力任せに努力と根性で木を切り倒しますか?


こう出題されると、答えは簡単ですね。
効率よく切るために(無駄な努力をしなくてもいいように)ほとんどの方が、ノコギリを研いでから木を切ると答えるでしょう。

切れ味の悪いノコギリで木を切るには相当な労力がかかりますからね。


では、これをビジネスの現場に当てはめてみましょう。

あなたは自分の仕事でよりよい結果を出すために、働く時間を増やすことで補おうとするタイプですか?

それともスキルを磨いて精度を高め、より多くの成果や結果を目指すタイプですか?


後者のタイプの方には、自分の成長に応じて活躍できるステージが先々待っていることでしょう

しかし、前者だった方には、厳しい現実が将来突きつけられる可能性があります。
ビジネスの現場で、自分磨きをしないということは、ノコギリの歯を研がずに木を切り続けているのと同じこと。

この場合、より多くの結果を出すために労働時間を増やさなければならないだけでなく、スキルがあがらないため、指導する立場、つまり将来的にマネージャーやリーダーと言われる立場に立って人に教えたり、導いたりするということが出来ない状況に自分を追い込むことになってしまうわけです。

リーダーや、マネージャーはプレッシャーがかかるから嫌だという方が時折いますが、そこを避けて通ったとすると永遠誰かに使われ続けるというリスクを覚悟しなければなりません

上についた上司が尊敬できる人ならいいですが、最悪な上司だったら、それはもう悲惨です。


自分磨きの重要性を理解せず、今のままでいたとすると、最悪の場合、今と同じ仕事をこの先、5年、10年、20年先も同じことを続けていかなければならない可能性が極めて高くなります。もちろん今の時点ですでに、同じ仕事、立場、収入に満足していてる場合、話は別ですが・・・。


私はうまくステップアップできた方だと思っています。営業を4年間経験したのち、マネジメントを4年間経験しました。経営者になる上で必要な経験や体験を、会社員だったときにお給料をいただきながら、ほぼすべて経験できました。

私の同僚で自分磨きをコツコツやらず、なんとなく時間が過ぎてしまっていた人たちは、10年経った今も、当時と変わらない仕事をし続けています。

同僚が自分の上司となり、下からは突き上げられ、、、
人によっては、こんなはずじゃなかったと言いながら仕事をしています。。。


私は、26才のとき、身につけると生涯に渡って自分の武器となるスキルや知識はなんだろうと考えました。

当時のメモに下記内容が記されています。

1、マーケティング能力
2、セールスの能力
3、マネジメント・リーダーシップの能力
4、コミュニケーション能力
5、目標を達成する能力
6、心理学


これらのスキルや知識は一度身につけると、生涯にわたって使えるものばかり。時間と共に減ったり、効果が無くなるものは一つもありません。

私は、数年かけ一つずつ、コツコツと学びを深めていきました。(もちろん今も継続修行中です)

早いうちに人生で必要な知識やスキルを身につけることは、自分自身を有利な立場にしてくれます。


今、どんな知識やスキルを身につけることが、あなたを更に引き上げてくれるものとなるでしょうか?

1日たった30分でも必要な知識やスキルを学ぶ時間に費やすことで、長い目で見ると非常に大きな差が将来に生まれてきます。ノコギリを30分研いで切れ味をよくしてから山に入るということと同じですからね。

まず小さなことでいいので、何かをはじめてみてはいかがでしょう?一度立ち止まって、自分に必要なものを整理する時間をとってもいいですね。


コツコツやった自分と、なんとなく時間が過ぎたときの自分。
5年後、10年後にきっと大きな違いがありますよ。


では、また頑張ってブログ書きます!
また気が向いたときに、見に来てください。



芝健太



投稿者 shiba : September 21, 2006 3:15 PM

コメント(3)

相変わらずためになるお話を有難うございます。
昔はコツコツなんて絶対無理と思っておりましたが、最近はチリも積もれば・・・の話が頭ではなくちゃんと分かり、行動できるようになってまいりました。
本当に、毎日コツコツ30分でも貴重でもあり、前進の証なんですよね

Islaさん

そうなんですよ。
ちょっとずつが先々デカイんですよね〜。。。

芝 健太

ご無沙汰しております。

まったくその通りだと思います。

現在、ビジネス用のホームページを作っているのですが、スタイルシートに手こずりまくり。なんとか格好がついてきたけど、デザインが・・・。

結局、Webデザインの本を買いました。ちょっと読めば、今まで悩んでいたのがバカみたいです。

芝先生のおっしゃるとおり、刃は研がなきゃいけません。

ちょっと話がずれてしまいますが、もう一つ。

今までもWebデザインの本は、買わないといけないなと考えていたのですが、「これだ!」というのが無かったんですよね。

それがなぜか今回は、あっさりと見つかりました。
しかも、調度、集中してWeb作成へ取り込めるタイミングで見つかったんですよねぇ。

『生徒が必要なときに教師が現われる』という事でしょうかねぇ。

コメントする

EO

経営人ブログ

April 2017
sun mon tue wed thu fri sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30