NLPトレーナー 芝 健太の「Blog Life Strategy」| NLP

« December 2013 | メイン | February 2014 »

『NLPプロコーチ認定コース』 3日目




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。
こんにちは!




昨日の米国NLP&コーチング研究所 公認
『NLPプロコーチ認定コース』 3日目の様子です。

20140114?.jpg

20140114?.jpg



早くも受講生の方々から、

「やっぱり参加してよかったです」

「日本でこれを受けれるようにしてくれてありがとうございます。」



など、わざわざ私に声をかけて言ってくださる方が
たくさんいらっしゃって、うれしい限りです。


芝健太


投稿者 shiba : 12:46 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

後悔のない人生とは。。。




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。
こんにちは!




昨年、両親が上京してきたときに一緒に食事をしました。


父も母も年齢は70を超えていますがまだ自分の事業をやっています。
ボクは父の事業を継がない困った息子というところですかね。


別に悲しい話しをしていた訳ではありませんが、
ぽろっと「もう後は、いつか死ぬのを待つくらいかなあ。。」と言っていました。




その後、9月末の社内の飲み会で
(自社のセミナールームで)映画「エンディングノート」を観ました。


実際に亡くなって行く方が最期お亡くなりなるまでの
実際の話しを記録した映画でした。
途中から涙が止まらず、みんなでわんわん泣きました。



これからどんな生き方をしていこうか。
後悔のない人生とはどんなものか。


ご存知の方が多いかもしれませんが、
東京女子医科大の川島先生の書かれた本がそのヒントを与えてくれます。


「人が死ぬときに後悔する34のリスト」 という書籍があって、
死を意識しはじめた患者さんたちがしていた後悔のリストが紹介されています。




私なりに気になる項目をかいつまんでご紹介します。


●「なぜ生きたいのか」を真剣に考えてこなかった

●ストレスの多い人生を送ってしまった

●人を恨み続けてしまった

●生きているうちに「ごめんなさい」を言えなかった

●やりたかったことができなかった

●なんでも「ラクしよう」としてしまった

●「病院にいけばなんとかしてくれると思ってしまった」

●「愛している」と言えなかった




他にも、この書籍ではありませんがこういう後悔もあるようです。

●「自分自身に忠実に生きればよかった」

●「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てばよかった」

●「友人関係を大切にしておけばよかった」




私くらいの年齢になると、同級生で何人かが病気や事故などで
すでに死んでしまっています。


明日が必ずくるという保証は誰にも無いわけで、
自分や周囲の方との関係を大切にしなくては。
と思うのでした。


毎日こんなこと考えていたら気持ち悪いかもですが、
時には大切なことですね。


この川島先生の書籍映画「エンディングノート」はかなりおすすめです。


芝健太


投稿者 shiba : 2:53 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

『ニューイヤートレーニング』お疲れさまでした!




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。
こんにちは!




『ニューイヤートレーニング』 が終了しました。


ご参加いただいた皆さん、
直前のお知らせにも関わらずたくさんお集りいただき感激でした。


20140106(集合写真).jpg

20140106.jpg



また来年面白い企画を考えていますから、楽しみにお待ちください。
ありがとうございました!


芝健太


投稿者 shiba : 2:43 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと気が早いですが、、、2015年の飛躍に繋がりそうなアイデア




NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。
こんにちは!




昨日の残念な出来事。


なんと、飯田橋駅前の吉野家が閉まってました。。。
起きた瞬間から「今日は吉野家」と決めてたのに。

ボクの願望実現能力もまだまだです。。

しかしその後、、、




ちょっと気が早いのですが、、、
2015年の飛躍に繋がりそうなアイデアが出て来てしまいました。


吉野家の飯田橋店が閉まっていて
ガッカリしている場合ではなかったです。


独立してからはNLPを中心に活動してきましたが、
3年半前には『コミュニケーション能力認定協会』を立ち上げ、

今年からはコーチングの分野にも入っていきます。



コーチングに関しては、募集開始後、
予想を超えるお申込みをいただいていまして、当初予定していた定員の約2倍の
お申込みを頂いています。そのため、会場を変更するまでになりました。


今年はこの3つの柱を育てて行くことがメインになりますが、
来年は更に新しいものが1つ加わりそうです。



これまで 「自分が大好きなことで、しかも人に喜んでもらえるもの」
ということで進めてきましたが、新しいアイデアもかなり、かなり、かなり多くの人に
「これは有り難がたい!」と言っていただけることになりそうです。


「ある特定の方々にとっては、喉から手が出るほどほしいもの」 なので
世の中に大きく貢献できると思っています。


秋にはハワイでのワークショップも控えてますし、
2015年にやっていきたいことも、早々に決まったのでなかなか快調な感じです。


吉野家のことは一旦忘れて仕事に集中しようと思います。


芝健太


投稿者 shiba : 9:17 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ、人生変えるぜ!


NLP-JAPANラーニング・センターの芝です。
こんにちは!



遅ればせながら、ブログで繋がっていただいている皆さん
明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。


新年は、誕生日と同様に気持ちが新たになるので、一番好きな時です。
今年は会社を経営し始めて10年となる節目の年。
決意を新たに前進していきます。



私のスタートは、毎年、新年に紹介しているリストを眺めるところから。
 ※近日にメルマガでもいきますので、登録頂いてる方お許しを!

ハーバードの図書館に貼られているという話しがありますが、
本当かどうかはわかりません。。


『20の教訓』

(1)今、居眠りすれば、あなたは夢をみる。
   今、何かを学習すれば、あなたの夢が叶う。


(2)あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても
   叶わなかった未来である。


(3)勉強に励む苦しさは今だけであり、
   勉強しなかった苦しさは一生続いていく。


(4)明日やるのではなく、今日にやろう。


(5)時間は絶えず去りつつある。


(6)学習は時間がないからできないものではなく、
   努力を欠いているからできないものである。


(7)幸福には順位はないが、成功には順位がある。 


(8)学習は人生の全てではないが、人生の一部として続くものである。


(9)学習する事が人生の全てとは言わないが、
   学習すらできぬ者に何ができるのであろうか。


(10)人より早く起き、人より努力して、
    初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。


(11)怠惰な人が成功する事は決してない、真に成功を収める者は
    徹底した自己管理と忍耐力が必須である。


(12)時間が過ぎるのはとても早い。


(13)今の悔しさは将来喜びの涙となる。


(14)犬の様に学び、紳士の様に遊べ。


(15)今日歩けば、明日は走るしかない。


(16)一番現実的な人は、自分の未来に投資する。


(17)教育の優劣が収入の優劣になる。


(18)過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。


(19)今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている。


(20)努力無しに結果無し。



さて、いかがでしたか?

私ははじめて読んだとき、
かなり『ガツン』ときました。


社会人になってかれこれ18、9年。

気づいた事は、
人生の豊かさや、仕事で高い結果を出すために
学ぶことは調べてみると驚くほどたくさんあると言うこと。

そして、結果を出している人たちは
それらを「やっている」ということ。。


私の知っている経営者でベストセラー作家の
ある有名人がいます。

その人は、多忙な中、
1日2冊の読書をこなし、必要と感じたセミナーには、
時間と費用を割いて参加。徹底して学習に時間を割いている人です。

出会った10年ほど前は、大きな声では言えませんが
いまいち切れ味の悪い、人のいいオジさんでした。


ところが今は、、、

出す本は売れ、
立ち上げたプロジェクトは見事に軌道に乗せ成功。

この経済状況の中、
人がうらやむような結果を出し続けている人です。


私のことも少し。


私がまだ20代のころ。

社会人になって3、4年間のうちに
厳しい仕事や理不尽な上司、そして会社の体勢に付いて行けず、
何度も会社を辞めようと思ったことがありました。


しかし、その度に感じたことが、、、

自分がスポーツで食っていけるような才能があるわけでなく、
絵を描いたり、歌ったり、、、芸術的な才能が高くて食べていけるわけでもなく、、、


何かスグにでも食べて行けるようなスペシャルな資格をもっていた訳でもなく、、、
結局、仕事の世界でしか、食べて行く道がないことに気づくのでした。。。


そして、やったことは、

先ほどの方とは比べ物にならないくらい少ないかもしれませんが、
本を読み、必要なセミナーを受け、

そして、大事なことは
学んだ内容を即実行に移したことでした。

努力に対し、出てくる結果は少しずつのことが多いですね。
辛いところではありますが、1歩ずつが何年も経つと大きな違いをうむ。

少しずつですが、何もできなかった頃からすると
着実に前進できています。


まだまだ未熟だなぁと感じる事が多いので、
先ほどの教訓を読み、身が引き締まり、気合いが入りました。


私は毎年、
先ほどの教訓を眺めてから1日をスタートするようルーティンに加えています。


何かに向かって努力すること、
そして、何かを学ぶことは、

必ずなんらかの形で答えてくれます。


さあ、よりよく人生を変えていきましょう。
2014年がそのきっかけとなるように。。

この教訓、
皆さんもぜひ役立ててくださいね。



芝健太



投稿者 shiba : 5:18 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

EO

経営人ブログ

July 2016
sun mon tue wed thu fri sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31