NLPトレーナー 芝 健太の「Blog Life Strategy」| NLP

« 「なぜか好かれる人の考え方」ーおススメ本| メイン | 1日5冊、一気に読む! シントピックリーディング »

投資家つながりのシンクロニシティー

『シンクロニシティー』

この言葉、聞いたことあります?

私の経営する会社名でもあるんですけど、この『シンクロニシティー』、実は、ユングが創った言葉。このことはあまり知られていないかな。

2つ以上の出来事が重要な意味を持って連続して起こることをシンクロニシティーと言います。シンプルな別の言い方をすると、「意味ある偶然」のこと。

それは、チャンスを知らせるメッセージでもあり、危機を回避するためのメッセージでもある。

先週、ある投資家の方と出会うきっかけがあった。

聞くところによると、私のように会社員だった時に、数十億、または数百億の売り上げを創ったことのある人間が経営者になると上場を目指したくなる人が多いらしい。ふんふん、確かにその通りだと思う。


そのときの会話。

『芝さん、上場考えてるの?』

『いや〜将来はやってみたい気持ちはありますけど、今のビジネスは上場をするようなモデルじゃないですからね。。。』

『やるんだったら、上場に向けてのアドバイスをするし、資金準備なんかもしてるからなんでも言ってね』

『ありがとうございます!その時がきましたらぜひ!』


そして、昨日。

フォトリーディングの講座で、
最近見た、ある夢に関する話をした後の休憩時間での話し。


ある女性の参加者さんから。。。

『先生って上場の予定とかってあります?』

『いや〜、今は考えてないですけど、それまたどうして?』

『私の主人、投資家なんですけど、さっきの夢の話でピンときて。。。』

『はぁ〜、なるほど、それはさっきの夢の話とつながりますね!』

『主人は、上場準備のアドバイスや出資などもやっているんです。それで、もし、上場を目指されているのであれば主人を紹介したいと思って。。。』

『へぇ〜そうですか。ありがとうございます。でも今は考えてないですね。。。』

『そうですか。でも、もしそのときが来たらいつでも声かけてくださいね。。』

んー、不思議なことに4,5日のうちに似たような話が2つ続いた。。。
上場を目指せというサインなのかと考えつつも、今のビジネスモデルは、上場を目指すようなモデルではないしなーと。。。


ここのところあることがきっかけで、運気がかなり上向き。(嬉!)

起こっている出来事から、
何かの変わり目であることは間違いないなあ。。。

どんな展開が待っているのか、静かに見守ろうと思う今日この頃。



芝健太



投稿者 shiba : November 12, 2007 4:33 PM

コメントする

EO

経営人ブログ

July 2018
sun mon tue wed thu fri sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31